CCIE Routing and Switching 受験記 3回目

とうとうこの試験も3回目!3度目の正直で今度こそ合格させてくださいお願いします!!!と日々祈りに祈りを重ね、これまでの試験で得てきた情報をもとに対策を進める。

幸い転職したことで日々ネットワーク機器には触れる環境だったので、これが活きるといいなーと僅かな願いも込めて!

そんなこんなであっという間に試験前日の夜を迎えるも、例のごとく全く寝付けず…更に緊張から4時半に目が覚める始末。いつまで経っても慣れませんな〜と眠気をシャワーで飛ばしつつ、いざ六本木へ…

張り切りすぎて6時ごろに到着するもの、どこも空いていないので松屋で朝食を取る。そして空いているのをいいことにパソコンを開き、最後の復習を…。まさか松屋で勉強することになろうとは…けど店内で爆睡している人ばかりなので、気にしない気にしない。

復習しているとあっという間に8時前になったので、集合場所に移動。少しするとジェームスさんがこんにちは。いつも通り漢字でサインをすると、何やら『チートは禁止です!』的な紙を一読するように言われる。

CCIEでチートする人がいるんだなぁ…と悲しい気持ちになりつつも、他の受験者もサインが終わったようで、いざ37階へ!

今回はR&Sが6人、SPが1人、Securityが2人。ブリーフィングはSecurityのみだったため、9時半ごろに試験開始!

まずはお馴染みTrouble shooting!トポロジは過去に受けたやつと同じ!勝ったな!と内心思いつつも1問ずつ切り分けを進めていく。

特に難しい問題もなく、1時間半ほどかけて全問完了。残りの30分を使って再度確認を行う。TSで落としてしまうと残りのDIAGとConfigに負担がかかるので、できれば満点を取りたい(贅沢)。

全ての出力が一致していることを確認し、DIAG sectionへ。ここも難なくクリア。余った時間でメモ帳を開き、Config sectionの準備を進める。

DIAGは30分間固定のsectionのため、お手洗いを済ましたりドリンクを取りに行ったりとConfigに向けてリフレッシュもしておく。

そして…いざConfig section!トポロジは初回の受験時と同じ!見覚えのあるトポロジに高揚感を覚えるも、問題はもちろん異なるためまずは問題文に目を通す。

L2を一通り読み切り設定を終えたところでジェームスからランチタイムなのでConfigを保存するように指示が。

ランチはいつもの萬作弁当。今回は前回と具が少し違い、結構美味しかったです。この”結構”というのがポイントです。。。

30分の短いランチを済ませ、Configを再開!残り4時間50分もあるらしい。これ、行けるのでは?と内心思い始める。

L3から続きとなったため、問題文全てに目を通し効率の良い順番で渾身のConfigを打ち込んでいく。修行の成果が出ていたのか、わからない問題は1問もなく2時間と少しを残して全問完了。恐ろしいことに出力も全て一致している。

見直しをする前にトイレで顔を洗い、絶対に自分は間違えている箇所がある。それを修正できなければ合格はない!と言い聞かせL2から打ち込んだConfigを確認していく。

show commandやdebug commandを駆使し、題意を満たせているか確認を進めていると…明らかに自分が投入したConfigと異なるConfigになっている箇所を発見する。

投入Configと見比べても、ここまでConfigが変わっているのはどう考えてもおかしい。これが噂のやつかーとびっくりするも、流石にここまで弄るのはどうなんだろうか?これも試験の一貫なんだろうけど、流石に酷すぎませんか???と心の中で毒付きながら修正していく。

1周目の見直しが終わり、2周目の見直しを進めていると残り1時間で終了とのこと。設定したConfigに誤りはないことを確認し、全台2回ずつ保存したところでタイムアップ!

その後はいつもどおり荷物を返却してもらい、18時ごろミッドタウンを後にしました。

手応えのある出来だったため、非常にそわそわ…1人でいるのはとても耐えられなかったので、勉強会でお世話になったAntaresさんに連絡し晩御飯をともにしてもらう。

そして19時ごろにciscoからメールが!早い!!!

心臓の鼓動が聞こえる中、CCIE OLSMを見に行くと…

PASS!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ということで、約1年半に及ぶCCIE R&S奴隷生活から開放されました。新卒として未経験でインフラ業界に飛び込み約3年。IP addressもわからなければ英語を読むことも出来ませんでしたが、何とかCCIEになることができました。

諦めなければ挫折しない。その言葉を胸に1年半努力し続けることが出来てよかったです。2nd trackはSecurityと決めているので、少し休憩しつつCCIE securityの学習を進めていこうと思います。

次も頑張るぞー!

シェアする

フォローする

関連コンテンツ