Static route (specified only outgoing interface)

■Task

以下の出力を得なさい。

ただし、RT1の設定は変更してはいけません。

■Topology

■Pre-Config

RT1

RT2




■Answer

RT2:
Conf t
!
Int eth 0/0
ip proxy-arp
!
End

■Verify

■Note

このTaskはproxy arpという機能を使用することで要求された出力を得ることができる。

Static routeの設定方法には、以下の3種類が存在する。

①Outgoing IFのみ指定する

②Next-hopのみ指定する

③Next-hopとOutgoing IFの両方を指定する

今回のTaskでは①を使用してStatic routeが設定されている。

この場合、ARP requestは宛先ネットワークに対して実行される。

そのため、ARP requestを受信する機器でproxy arpが有効化されていない場合、ARP解決が出来ないため通信することができない。

proxy arpとは、ARP requestを代理応答する機能である。

②,③によってStatic routeが設定されている場合は、Next-hopに対してARP requestが送信される。

■Reference

Command Reference : ip route




シェアする

フォローする

関連コンテンツ