Make and Assign VLAN to Access port

■Task

以下の要件に従って, SW1とSW2を設定しなさい.

・RT1とRT3, RT2とRT4のみ通信できること.

・RT1とRT3の通信はSW1/2のEth1/0を通ること.

・RT2とRT4の通信はSW1/2のEth1/1を通ること.

・VLANは10と20のみを作成/使用してもよい.

・SW1とSW2のポートは全てAccess portとしなさい.

■Topology

■Pre-Config

RT1

RT2

RT3

RT4




■Answer

SW1/2:
Conf t
!
Vlan 10,20
!
Interface ethernet 0/0
Switchport access vlan 10
Switchport mode access
!
Interface ethernet 0/1
Switchport access vlan 20
Switchport mode access
!
Interface ethernet 1/0
Switchport access vlan 10
Switchport mode access
!
Interface ethernet 1/1
Switchport access vlan 20
Switchport mode access
!
End

■Verify

VLAN10と20が作成され, 設定したPortsに割当てられていることがわかる.

RT1からRT2-4に対してpingを実行しているが, RT3とのみ通信が成功していることがわかる.

■Note

このTaskでは, VLANを使用してbroadcast domainを分割している.

RT1 – 4は全て192.168.1.0/24の所属するため, 一見お互いに通信が可能なように見える.

しかし, SW1とSW2により

・Eth0/0とEth1/0にはVLAN10

・Eth0/1とEth1/1にはVLAN20

が割当てられているため, RT1はRT3とのみ, RT2はRT4とのみ通信可能となっている.


シェアする

フォローする

関連コンテンツ