Very large metric on EIGRP named mode

■Task

以下出力を得なさい.

しかし, RT2の設定を変更してはいけません.

■Topology

■Pre-Config

RT1

RT2

■Answer

RT1:
conf t
!
router eigrp CCIE
address-family ipv4 unicast autonomous-system 100
metric rib-scale 200
!
end

■Verify

■Note

このTaskは, RT1のrib-scaleを変更することで要求された出力を得ることができる.

EIGRP named modeのMetricは以下の公式で求められる.

[(K1 * Minimum Throughput + {K2 * Minimum Throughput} / 256 – Load + (K3 * Total Latency) + (K6*Extended Attributes)] * [K5 / (K4 + Reliability)]

K1=1,K2=0,K3=1,K4=0,K5=0,K6=0


(K1 * Minimum Throughput) + (K3 * Total Latency)
Minimum Throughput = (10^7 * 65536 / Bw)

Total Latency
– Below 1 giga : (Delay * 65536) / 10^6
– Above 1 giga = (10^7 * 65536 / 10^6 ) / Bw

そして, 求められたFDをrib-scaleで割った値がmetricとしてRIBに登録される. rib-scaleのdefault値は128.

しかし, このTaskではRT2のLoopback 0がbandwidth 1kと極めて小さい値に設定されているため, metricが非常に大きな値となりdefaultのrib-scaleではRIBに登録することができない.

出力結果から逆算して

655753216000 / x = 3278766080

x = 655753216000 / 3278766080

x = 200

となるため, RT1のrib-scaleを200にすれば出力が一致することがわかる.

■Reference

Command Reference : metric rib-scale

Configuration Guide : Wide Metric

シェアする

フォローする

関連コンテンツ