OSPF ABR Type3 LSA Filtering

■Task

以下の出力を得なさい.

また, OSPF Configurationには1行しかコマンドを設定してはいけません.

■Topology

■Pre-Config

RT1

RT2

■Answer

RT2:
conf t
!
ip prefix-list AAA permit 1.1.1.1/32
!
router ospf 100
area 0 filter-list prefix AAA in
!
end

■Verify

■Note

このTaskは, RT2にfilter-listをinboundで適用することで要求された出力を得ることができる.

ABRで”area x filter-list prefix x [in] [out]”を使用することにより, LSA Type3を以下のように制御できる.

in : 他のareaから受信するLSA Type3を制限する.

out : 他のareaに広報するLSA Type3を制限する.

このTaskではOSPF Configurationで設定できるコマンドは1行とされているため, area 0にて1.1.1.1/32のみのLSA Type3を許可することで要求された出力を得ることができる.

■Reference

Configuration Guide : OSPF ABR Type 3 LSA Filtering

Command Reference : area filter-list

シェアする

フォローする