Spanning-Tree Path Cost Method

■Task

将来SW1 <-> SW2が100 Gbps以上に増速されたとしても, STPが動作できるようにしなさい.

以下の出力を得なさい.

■Topology

■Pre-Config

SW1

SW2

■Answer

SW1:
conf t
!
spanning-tree vlan 10 priority 0
spanning-tree pathcost method long
!
end

SW2:
conf t
!
spanning-tree vlan 10 priority 4096
spanning-tree pathcost method long
!
end

■Verify

■Note

このTaskはspanning-treeの”path cost method”を変更することで要求された出力を得ることができる.

spanning-treeのpath costはdefaultで”short(16bit)”となっている. shortでは100 Gbps以上のbandwidthで使用することができない.

path costを”long(32 bit)”に変更することで, 100 Gbps以上のHigh bandwidth環境でもspanning-treeの使用が可能となる.

2つのpath cost methodにおける, bandwidthごとのpath costは以下の通り.

また, Root Bridge(SW1)のpriorityが10, SW2のpriorityが4106となっているため, priority値の変更も必要となる.

■Reference

Reference : spanning-tree pathcost_method

シェアする

フォローする

コメント

  1. […] Spanning-Tree Path Cost Method : ★★★ […]