EIGRP Route Tag Enhancements

■Task

(1)

RT1とRT2が生成するEIGRP internal routeにそれぞれの次の値(タグ)を付与しなさい.

RT1 : 1.1.1.1

RT2 : 2.2.2.2

(2)

以下の出力を得なさい.

■Topology

■Pre-Config

RT1

RT2

■Answer

RT1:
conf t
!
route-tag notation dotted-decimal
!
router eigrp ccie
address-family ipv4 unicast autonomous-system 100
eigrp default-route-tag 1.1.1.1
!
end

RT2:
conf t
!
route-tag notation dotted-decimal
!
router eigrp ccie
address-family ipv4 unicast autonomous-system 100
eigrp default-route-tag 2.2.2.2
!
end

■Verify

■Note

このTaskは, 以下2つのコマンドを使用することで要求された出力を得ることができる.

(1) eigrp default-route-tag x.x.x.x

このコマンドにより, 自身が生成するinternal routeに対して任意のroute-tagを付与することができる. RT1とRT2でそれぞれ”1.1.1.1″と”2.2.2.2″を指定することで, 題意(1)を満たせる.

また, このコマンドはEIGRP named modeでのみ使用できる.

(2) route-tag notation dotted-decimal

このコマンドにより, route-tagをplane decimals(xxx)ではなくdotted decimals(x.x.x.x)に表示方式を変更することができる.

RT2にて”eigrp default-route-tag 2.2.2.2″を設定するだけだと, 次のような出力となる.

※この時点では, 設定した”eigrp default-route-tag 1.1.1.1″もplane decimalsとなっている.

RT1,2にて”route-tag notation dotted-decimal”を設定することで, 表記方式が変更され, 要求された出力を得ることができる.

■Reference

Command Reference :  eigrp default-route-tag

Command Reference : route-tag notation

シェアする

フォローする

関連コンテンツ