BGP Injection Map

■Task

以下の出力を得なさい.

ただし, RT3の設定を変更してはいけません.

■Topology

■Pre-Config

RT1

RT2

RT3

■Answer

RT2:
conf t
!
ip prefix-list INJECT_ROUTE seq 10 permit 172.16.1.0/24
!
ip prefix-list ORIGINAL_ROUTE seq 10 permit 172.16.0.0/16
!
ip prefix-list ROUTE_SOURCE seq 10 permit 192.168.23.3/32
!
route-map EXIST_MAP permit 10
match ip address prefix-list ORIGINAL_ROUTE
match ip route-source prefix-list ROUTE_SOURCE
!
route-map INJECT_MAP permit 10
set ip address prefix-list INJECT_ROUTE
set origin igp
!
router bgp 100
bgp inject-map INJECT_MAP exist-map EXIST_MAP
!
end

■Verify

■Note

このTaskは, injection mapを使用することで要求された出力を得ることができる.

Injection mapとは, 特定のBGPルータから広報された経路がBGP tableに存在する場合, 指定したより詳細な経路を自身のBGP tableに登録する機能である.

Injection mapでは, 次の3つの情報を使用する.

(1)特定の経路情報

(2)”(1)”を広報するBGPルータのアドレス

(3)”(1)”に含まれる詳細経路情報

今回のTaskでは, それぞれ次の通り.

(1)172.16.0.0/16

(2)192.168.23.3/32 (RT3)

(3)172.16.1.0/24

上記で指定した3つの情報を, 次の2つのroute-mapで定義する.

[1]exist-map : (1),(2)を指定する

[2]inject-map : (3)を指定する

また, defaultではinjection mapで生成される経路はorigin codeが”incomplete”となる.

そのため, 本Taskではinject-mapにて”set”を使用し, origin codeを”igp”に変更している.

他にも, “copy-attribute option”を指定することで, (1)で指定した経路情報からattributeを継承することができる.

■Reference

Command Reference : bgp inject-map

シェアする

フォローする

関連コンテンツ