本を聴く、Audibleの3つの魅力

はじめに

本といえば、当然ですが読むものです。 しかし、最近ではオーディオブックという聴く本が人気となってきています。本はまだまだ紙が人気ですが、持ち運びの容易さから電子に生まれ変わり、とうとうになりました。

音になった本はいったいどれほど便利なんだろう と気になっていた矢先、Amazonが提供しているAudibleというサービスが1ヶ月無料キャンペーンをやっている という情報を掴みました!

無料で試せるのであれば! と早速Audibleに登録。今回は音となった本 Audibleの3つの魅力とその感想、退会方法を合わせて紹介します。

はじめに記載しておくと、体験期間中に退会することで1冊無料で聴くことができます。入会後好きな本を1冊ダウンロードした後に即時退会することで退会忘れも防ぐことができ、退会後もその本を聴き続けることができるので自動課金も防げます。

メリットしかない制度なので、この時点で気になった方は是非コチラより体験入会してみてください!

Audibleとは

Audibleの魅力を伝える前に、Audibleがどういったサービスなのかを簡単に説明します。

AudibleとはAmazonが提供するオーディオブックサービスです。実は、日本では2015年から提供されています。

1ヶ月1,500円の月額課金制サービスで、iOS/Android/Windowsで利用可能です。

会員登録すると毎月1コインが支給され、これで本を購入することができます。つまり、1ヶ月1,500円で最低1冊は聴くことができます!

本を購入するとだいたい1,000 – 2,000円ほどするので、金額は相応な感じですね。

もちろんコインを使わずに課金して本を購入することもできます。そして、コインやお金で購入した本は退会後も手元に残りいつでも聴くことができるのです。 これは月額課金制サービスのなかでは珍しく、ありがたい仕組みですね。

体験登録を済ませ、好きな本を1冊ダウンロードすると手元のアプリにダウンロードされます。 僕はiPhoneで利用しているため、Apple Storeから事前にAudibleをインストールしておきました。

ちなみにiPhoneでの利用画面はこんな感じです。

簡単にAudibleの紹介をしたところで、実際に利用して気づいた3つの魅力を紹介していきます!

Audibleの3つの魅力

Audibleで1冊の本を聴いてみて、3つの魅力を感じました。

・場所を選ばず本を聴ける

・読む よりも手軽

・ながら作業に最適

それぞれ紹介していきます。

場所を選ばず本を聴ける

紙、電子から音となった本は、場所を選ばずどこでも聴くことができます。

学生の方も社会人の方も、日々の生活を振り返ってみると手は空いていないが耳は空いている というシチュエーションが多いのではないでしょうか?

日々の通学/通勤電車や、歩行時、料理を作ったり洗濯といった家事をしている間 などなど。特に都会の電車は非常に混雑しているため、手は間違いなく使うことができません。それどころか、身体が浮いてしまうことも…。

しかし、Audibleであればこのような時間を有効活用することができます。耳が空いている時間で本を聴けば、普段本を読んでいた人ならその時間を別のことにも使うことができるようになるのです。

また、集中して本を聴くことで満員電車などの嫌な時間も体感時間が短くなるでしょう。

読むよりも手軽

僕は本を読むことが苦手ではないが, 分厚い本は読んでいて疲れる. 紙でも電子でも, 読むために持っていることで手も少し疲れてしまう.

だが, 耳で聴けば驚くことにほとんど疲れない. 何ならリラックスしながら聞き続けることもできるだろう.

仕事で忙しいサラリーマンや塾や課題に追われている学生でもリラックスしながら好きな本を聴き, 楽しんだり, 知識を得たりできる.

ながら作業に最適

耳で聴くのであれば、当然だが手は空いていますよね。なので、本を聴きながら作業をする といったことが可能になります。

音楽を聴きながら作業をすることはあっても、本を聴いて知識を得ながら作業をしたことがある人はなかなかいないのではないでしょうか?

これはinputとoutputが同時にできる最強の方法だと僕は思います。ただ、聴くことに集中しすぎて手が止まってしまったり、作業に夢中になってしまって音声を垂れ流しているだけになってしまうんじゃないか…と思いますよね。

そんな時には、1度読んだり聴いたことがある本をチョイスすることをオススメします!少しでも内容を覚えていれば少し聞き逃してしまったとしても脳内で保管できるので心配もないし、聴き返すことで良い復習にもなるでしょう。

Audibleを使ってみた感想

Audibleは時間があまりなく、忙しい人ほど最適なサービスだと感じました。3つの魅力でもはじめに紹介しましたが、やはり場所を選ばずに聴ける ということが非常に大きいですね。

僕はいま徒歩通勤なので、電車のなかでAudible利用することはないですが、歩きながら本を聴くことができるのは革命的だと感じました。

耳で本を聴けるのであれば歩きスマホをする必要もなく、安全面もgoodです。また、僕は多動力といったビジネス書を聴いていましたが、洋書を聴けばリスニングツールに早変わりします。

Audibleの不便な点をあげるとするならば、本ならではの「少し前に戻って読み返す」 という行為は若干やりづらく感じました。30秒単位で戻るか、感覚でシークバーを動かす必要があります。

こればっかりは、良いところもあれば悪いところもある と思って割り切るしかないですね。

しかし、これ以外に不便な点は特になく、良い点のほうが非常に多いです。また、従来の月額課金制サービスとは異なり、退会後もダウンロードした本を聴き続けることができるのも良い点の1つですね。

また、退会方法はコチラに記載されているため、退会の際は参考にしてみてください。

2019年3月3日現在ではこのサービスを1ヶ月間無料で体験できるため、是非体験してみてください! Amazonのアカウントさえ持っていればコチラから1分間で登録できます。

無料で1冊聴くことができるため、あなたのライフスタイルに合うかどうかの確認も込めて本を聴いてみてはいかがでしょうか。

音となった本を聴いて、さらに便利な人生を歩みましょう。

シェアする

フォローする

関連コンテンツ