EIGRP metric control

■Task

以下の出力を得なさい。

また、以下の設定を変更してはいけません。

・各I/Fのdelay値

・メトリックの計算に使用するK値 (metric weight command)

■Topology

■Pre-Config

RT1

RT2

RT3

RT4

■Answer

RT3:
conf t
!
ip access-list standard 10
permit 1.1.1.1
!
router eigrp 100
offset-list 10 out 100000000 Ethernet1/1
!
end

■Verify

■Note

このTaskはoffset-listを使用することで要求された出力を得ることができる。

EIGRPは複数の要素からメトリックが計算されるが、本Taskではdelay値のみから計算されるように設定されている。しかし、要件として各I/Fのdelay値の変更は禁止されている。

offset-listでは、広報する特定の経路情報にdelay値を重み付けすることによりメトリックを操作する。

実際にoffset-listによりdelay値が変化していることが、以下の出力より確認できる。

//offset-list 適用前(Total delay is 7000 microseconds)

//offset-list適用後(Total delay is 3913250 microseconds)

そのため、offset-listを使用してRT3がRT4に対して広報する経路にoffset-listでdelay値を重み付けをすることで、RT4からRT1[1.1.1.1]への通信はRT2経由のほうがメトリックが小さくなり、要求された出力を得ることが可能となる。

※本TaskではRT3からRT4に対するoutboundでoffset-listを適用したが、RT4からRT3に対するinboundで適用することで同様の結果を得ることができる。

■Reference

Command Reference : offset-list (EIGRP)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ