Stack/VSSでメンバースイッチの情報を確認する方法

はじめに

Catalyst3650/3850や6500などは、複数のスイッチを論理的に1台として見せかけることができます。

3650や3850ではStackwise Virtual、6500ではVSS (Virtual Switching System)という技術を使い、これを実現します。

StackやVSS構成を組むと、コンソールやtelnetなどの管理アクセスはActive側に必ず接続されます。そのため、Standby機やその他のメンバースイッチの情報を取得するためには、特別な設定が必要となります。

今回は、StackやVSS構成でメンバースイッチの情報を確認する方法を紹介します。

メンバースイッチの情報を取得する方法

Stackwise Virtual (version 3.X)

Switch#conf t
!
Switch(config)#redundancy
Switch(config-red)#main-cpu
Switch(Config-r-mc)#standby console enable
Switch(Config-r-mc)#end
!
Switch#session switch x

※xはスイッチ番号
Active機にコンソールを戻す場合は、exit

Stackwise Virtual (version 16.x)

Switch#conf t
!
Switch(config)#redundancy
Switch(config-red)#main-cpu
Switch(Config-r-mc)#standby console enable
Switch(Config-r-mc)#end
!
Switch#request platform software console attach switch x R0

※xはスイッチ番号
Active機にコンソールを戻す場合は、control + C

VSS

Router#remote command standby-rp show <request command>

Reference

Command Reference : session

Command Reference : request platform software console attach switch 

Cisco Community : 16.Xの3850/3650ではsessionコマンドは非サポート

Cisco Community : Standby側のSupervisorに関する情報を取得する方法

シェアする

フォローする

関連コンテンツ