EtherChannelでの出力インターフェース確認方法

はじめに

Cisco社のネットワーク機器にはEtherChannel(イーサチャネル)という機能があり、複数の物理インターフェースをまとめ、論理的に1つのインターフェースとして扱うことができます。

これは、一般的にリンクアグリゲーションと呼ばれる機能です。

この機能を使用すると帯域幅を拡張したり、耐障害性を高めることができます。

EtherChannelでは、デフォルトで送信元MACアドレスに基づきロードバランシング(出力に使用する物理インターフェースを決定)します。

今回は、ロードバランシングの結果、出力に使用されるインターフェースがどのインターフェースに決まったのかを確認する方法を紹介します。

EtherChannelでの出力インターフェース確認方法

IOS-XE 3.x (Catalyst3650/3850)

Switch#show platform etherchannel

IOS-XE 16.x (Catalyst3650/3850)

Switch#show platform software fed switch <id> etherchannel <#> load-balance

Reference

Command Reference : show platform etherchannel

Command Reference : show platform software fed etherchannel

シェアする

フォローする

関連コンテンツ