言語で迷ったらJavaScriptを学ぼう

こんにちは、開発エンジニアの梶原です。

今回はフロントエンドの代表的なプログラミング言語であるJavaScript(以下JS)を取り上げたいと思います。

JavaScriptを学ぶ・学んでいるあなたに

まず、JSの基礎的なクイズを紹介している面白い記事があったので紹介します。
https://coliss.com/articles/build-websites/operation/javascript/interactive-javascript-quiz-1.html

海外の記事の翻訳ですが、JSの基礎問題をわかりやすいGIFアニメによる解説付きで3問出題しています。

「基礎」と書きましたが、JSに限らずプログラミングにおける変数の「参照型」「プリミティブ型」の話は、意外と数年経験のあるエンジニアの中にも認識が曖昧な方がいることもあり、バグの原因にもなるところですので、入門段階でしっかりと要点をおさえておくことをおすすめします😊

さて、この記事におけるJSは「ES6」というバージョンでコーディングされています。

ES6は、2015年に標準化されたJSのバージョンで、ECMAScript2015, ES2015など色々な呼び名があるのです。

ES6以降のJSは便利な機能や構文が追加されており、従来のJSよりも簡潔なコーディングができますので、これからJSを学ぶ・JSエンジニアを目指す、という方はES6での記法で学習されることをおすすめします!

JavaScriptエンジニアの市場価値は上がり続けている

JSの市場価値はどんどん上がっており、記事によって統計は違えど、例えば以下の記事では
将来性のあるプログラミング言語として1位に選ばれています。

現役のエンジニアとインストラクターに聞く「3年後も仕事で使えそうなプログラミング言語」TOP3

JSはフロントエンドの言語としての認識が強いですが、JSのアプリケーションプラットフォームである「Node.js」により、バックエンドのプログラミングも可能で、さらにはスマホアプリも書けます。

JSのフロントエンドのフレームワークとしては以下の3つが有名です。
・React (Facebookを中心に開発されている)
・Angular (Googleを中心に開発されている。ver2よりMicrosoftと共同開発)
・Vue (元GoogleでAngularを開発していたエンジニアにより開発)

国内ですとReactのシェアが高く、次点Vueという状況です。JSエンジニアを目指すのであれば、上記フレームワークから1つ選出して学習することをおすすめします!

私は副業でVueを書いていますが、個人的にはVueを推したいです。

他2つのフレームワークに比べ規模が小さく、学習コストが低め、という特徴があります。
日本語の公式ドキュメントも充実しているので、興味を持たれた方はVue.js公式をチェックしてみてください!

というわけで、今回はJavaScriptに関する情報を紹介させていただきました。

普段は開発エンジニアとして以下のTwitterアカウントでも情報発信をしています。
是非覗いてみてください😊

【梶原 Twitter】
https://twitter.com/A_MxT_

シェアする

フォローする

関連コンテンツ