CCIE Routing and Switching Written 5.1 受験記

前回の記事に書いたように、昨日CCIE R&S Writtenを受験してきました。
あまり筆記試験についての受験記を書いている人をみないので、書いてみようと思います!

ちなみにCCIE WrittenはCCNAやCCNPと異なり定期的に問題が更新されることから、あまり問題集は役に立たない と言われています。
しかし、先週会社の同じチームの方が170.vceを使用してPassした!けど812点とギリギリだった!という情報からまだこの問題集は有効なはず…!と信じて受験を決意!

※Version5.0最終日である7月24日にテストセンタでサーバ障害があり、9月末までに受験して不合格だった場合

~当日~

いつものように6時前に起床して模擬問題の再確認を。
今回の受験で使用した問題集は、170.vceと307.vce
170は会社の同じチームの方から、307は海外のフォーラムで有志が作成したversion5.0のものです。

本当はCisco Pressを読破して試験を受ける!が正しい姿かと思いますが、あまりに馴染みのない技術やIS-ISなど日本じゃ使わないでしょう…と言いたくなるようなものも範囲に含まれているため、Writtenは悪魔でLabへの挑戦権を得る為に受ける!と割り切っていました。

BGPやMulticastなどはGeneさんの教材で勉強していたので、未知な問題が出ても対応できんじゃなかな~と淡い期待も持って…

新宿のスタバで軽食を取りながら復習を済ませて、いざテストセンターへ。
試験を受けるのはCCNP TSHOOTぶりだから4か月ぶりだな~あれから4か月もたったんだな~と時の流れの早さを実感していました。

受験方法は他の試験と変わらず、受付をして写真を撮って荷物をすべてロッカーにいれて…準備ができればスタート!

席に案内されて、画面を見てみると…もちろん全て英語です。
Lab試験と異なって辞書の用意はもちろんないので、注意事項とかを頑張って読んでました笑

試験の操作方法はNAやNPと変わらないな~と読み終えたところで、試験開始!
CCIE R%S Writtenは170minで100問!300~1000点のなかで804点を取ればPass!

全て英語なので念には念を入れて1問1問回答していく…
CCIEもNAやNPと同じで、1度解いた問題に戻ることができないので慎重に…

1時間半ほどで全ての問題を解き終わり、Endをクリック!
頼む!合格していてくれ!!!っと祈っていると…

Passの4文字が!

なんとか合格できました~~~
スコアは869点!若干危ない!

ともあれWrittenはPassとなり、Labの挑戦権を無事得ることができました!
ここから半年くらいかけてじ~~~っくり勉強して、3月ぐらいに1度挑戦できたらなと思います。

社会人2年目でCCIEを目指してがんばるぞー!

シェアする

フォローする

(日本語) 関連コンテンツ