Routing TCP/IP, Volume IIを読み終えました

“今回も”お久しぶりの投稿です!笑

購入時の記事から約1ヵ月と1週間!
読み終えたのは先週なので…今回も1ヵ月ほどかかってしまいました(‘_’)…

BGPはGeneさんの究めるBGPを数か月前に読んでいましたが、意外と忘れてるな~知らないな~といった内容が多かったです。
※知らないと思っているだけで、忘れているだけの可能性も否めませんが!!!笑

しかし、最近発売されたこともあってVolume 1と比べると読みやすかったですね~
Q&Aをまとめてくれているのが、個人的に一番うれしかったり。

Volume1だとQのページをみてAのページをみて…と確認が大変でした。

しかし!Configuration Sectionの誤植がひどい!!!
ページによってIPアドレスやポート番号が異なっていたりで途中でサジを投げた問題もいくつか…

そういった問題は答えを確認して、想定のConfigと一致しているか といった観点で読んでいました。

そんなこんなでCisco Pressも2冊読み終わり…今はLayer2の勉強をしています。
はじめはIGP/BGPのCommand Referenceに記載のある全てのコマンドを検証してみようと思いましたが、MPLSやDMVPNなどなどまだ勉強できていない分野が絡むコマンドもいくつかあるので、ひとまずBlueprintに記載されている技術の概要を全て把握する という方針に切り替えました。

勉強方法としては、友人からBlueprintに沿った順番でConfiguration GUideのLinkをまとめたテキストをいただいたので、それを使って勉強中です。

VTPやSTPやEtherChannelやら…CCNP Switchぶりなので忘れていることもいくつかあったり。
しかしLayer3に比べるとあまり新しい発見もなく、復習!といった印象が強いですね。

Configuration GuideとCCNP Switchの教科書を読みながら、Blueprintの範囲を網羅しようと思います。

Layer2は範囲も少ないし、だいたい知っている内容なので12月2周目を目標に!!!!!
がんばるぞ~~~

シェアする

フォローする

(日本語) 関連コンテンツ