EVE-NGの導入方法

現在はGNS3でIOUを使用して勉強を進めていますが、もうそろそろBlueprintの範囲も終わり、Full LabやTrouble shootingの対策となります。

海外のフォーラムを見ると、EVE-NGで動作するworkbookを有志が公開しているため、これを活かさない手段はない と環境を構築してみました。

そもそもEVE-NGとは…

GNS3のように様々なNW機器を仮想上で動作させることのできるエミュレータです。

Web-IOUやUNLと呼ばれているものの後継機に当たると思われます。

GNS3との大きな違いは、対応imageの圧倒的多さ。

公式サイトにこのように列挙されていますが…CCIE R&S以外にもSPやSecurityにも活用できそうな雰囲気です。

紹介はこの程度にして、以下に構築方法を記載していきます。

動作端末と準備物は以下の通りです。

▼動作端末

▼準備物

VMware Fusion

EVE-NG EVE Community Edition.ova

③FileZilla

■手順1:EVE-NGのSetup

VMware Fusionを立ち上げ、EVE Community Edition.ovaをImportします。

この時、僕は仮想マシンに対するTuningは実施していません。

Importが完了すると、自動でEVE-NGが起動します。

Terminalに出力されているDefault ID/PWを入力すると、Setup画面に移行します。

ここではeve-ngを入力し、Enterで進みます。

1度入力すると再入力を求められるので、再度入力します。

すると、以下のような画面となります。

それぞれ以下のように入力し進んでいきます。

Hostname : 任意

DNS : example.com

Use DHCP/Static IP address : 任意(Staticの場合は自身の環境に合わせてIPやMaskを設定してください)

NTP server : 任意

Proxy server configuration : direct connection

以上を入力すると、Setupは完了となります。

■手順② EVE-NGの構築

Setupが完了すると、以下のような画面が表示されます。

ここでは…

ID : root

PW : eve-ng

を入力します。

Defaultはpassword is eveとなっていますが、嘘です。。。

入力後ログインが完了するため、上位に表示されているhttp://からはじまるURLにアクセスします。

すると、以下のような画面となります。

ここでは…

ID : admin

PW : eve

を入力します。

Sign Inをクリックすると管理画面に移行します。

これでEVE-NGの環境構築は完了です。

■手順③ IOL imageのUpload

IOL imageに関しては、この動画をご参考ください。

FileZillaを起動し、EVE-NGにIOL imageをuploadします。

SFTPを使用し…

Host : URLのアドレス

ID : root

PW : eve-ng

を入力し、EVE-NGと接続する。

接続が完了すると、以下の画面になるため、リモートサイトに”/opt/unetlab/addons/iol/bin”を入力しフォルダを移動する。

その後、IOL imageをローカルサーバからリモートサーバへUploadする。

そうすると、EVE-NGでも無事uploadされていることを確認する。

その後、以下コマンドを入力し、License keyがiourcと一致することを確認する.

一致を確認できた場合、iourcをuploadする。

以上でEVE-NGの構築は完了です。

■手順④:EVE-NGを使用する

EVE-NG管理画面にアクセスし、Add new labからLab fileを作成する.

Add an objectからNodeを選択すると、IOLが青点灯しているため、クリックするとL2/L3 imageをエミュレートできます。

以上で構築は完了となります!

海外フォーラムではEVE-NGを基盤としたworkbookがいくつか公開されているので、CCIEの学習に是非活用してみてください!

シェアする

フォローする

(日本語) 関連コンテンツ