No next-hop-self

■Task

以下出力を得なさい。

しかし、DMVPN関連の設定は変更してはいけません。

■Topology

■Pre-Config

Hub

Spoke1

Spoke2

ISP

■Answer

Hub:
conf t
!
interface tunnel 0
no ip next-hop-self eigrp 100
no ip split-horizon eigrp 100
!
end

■Verify

■Note

このTaskは, Hubにてnext-hop-selfとsplit-horizonを無効化することで要求された出力を得ることができる.

EIGRPでは, defaultで経路を広報する際にnext-hopを自身のIFのIP addressに変更する. そのため, 通常であればSpoke1/2のnext-hopは必ずHubとなる.

これを無効化することで, Spoke1は2.2.2.2/32のnext-hopをSpoke2のまま, Spoke2は1.1.1.1/32のnext-hopをSpoke1のまま学習することができる.

また, EIGRPではdefaultでsplit-horizonが有効化されているため, これを無効化しなければSpoke1/2にはお互いの経路自体を学習することができない.

■Reference

Command Reference : next-hop-self

Configuration Guide : EIGRP Dual DMVPN Domain Enhancement 

シェアする

フォローする

(日本語) 関連コンテンツ